高くてもなぜ売れる?スーパーカブカスタムのブランド力と「ぶち抜く力」!!

スーパーカブのカスタムは高い!


スーパーカブのカスタムって時に信じられないほどの値段がつけられてますよね?

某有名スーパーカブカスタムプロショップのコンプリートカブなんかは40万円~50万円くらいで売られていたりします。

新車のクロスカブより高いなんて!?


「高っ!!」


と思ってしまう。


そう思うと同時にそれだけ自信があることの裏返しであり、
プロ根性を感じている自分もいる。



そして圧倒的なクオリティ。


「高いと思うなら同じものを作り、安く売りだせばいい!」


と一瞬頭をちらついた自分を恥ずかしいと思うほどに、
真似できないクオリティとそれを続けてきたからこそのブランドのもつエネルギー。
見れば見るほどに心は折れる。



経験に裏打ちされた技術とブランド戦略に秒でわからされた瞬間でした。。。

スーパーカブのカスタムの「本物」とは?


高級ブランドで言えば「エルメス」みたいな?
(詳しくないので例えが正しいかわからないのですが、、、なんていうか「本物!」って感じを伝えたい。)


ビジネスの面でトップを狙える人の特徴って他者に敵わないと思わせるのがうまいですよね。
勝負できないと思わせること、真似できないと思わせること。
結果的にそうなった人、戦略的に意図してやっている人、両者ともそこが抜群にうまい。


これだけだと性格的には強気な印象。


だけど繊細で緻密な分析力を基に市場を研究し、
日々成長しようと向上心をもってコツコツと継続できる人に多いと思う。


1台作っただけであのクオリティが出せるほどスーパーカブのカスタムは簡単でないことぐらいは僕でもすぐわかる。

失敗も何度もあったに違いない。


きっと何台も何台も製作した積み重ねが今のクオリティとブランド力を生んだんだと思う。


結局、誰よりも一つのことをずっと突き詰められる人。


与沢翼さん風に言うと「ぶち抜く力」。


そんな方の造るカスタムカブに乗れるなら妥当な価格設定と思ってしまう。
要は本物に乗りたい人だけを選べるまで「ぶち抜いた」価格設定。


やっぱり僕の中では「エルメス」です(笑)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です