【新型ジムニーグレードと乗り出し価格】雪国おすすめはXCよりXL?

新型ジムニーって新車購入に総額いくらぐらい必要なの?

おすすめグレードはやっぱりXCなの?

新型ジムニーは他の軽自動車より高いって聞いたけど本当?

乗り出し価格200万円で収まる?

JB64 XL ミディアムグレー

今回は、このように購入を検討しているけど、「実際に新型ジムニーを購入するといくら必要なの?」グレード選びのおすすめは?」という疑問に答えていこうと思います。

私の新型ジムニー(軽ジムニーJB64)が納車されたのは、2020年1月でした。
そのときに実際に、スズキディーラで交わした契約や金額内容をもとに乗り出しまでに掛かる金額や、保険料など必要な金額詳細を紹介していきます。

新型ジムニー購入を検討している方へ
新型ジムニーは新車・新古車・中古車と以前よりかなり台数が出回りはじめています。ですが、未だスズキディーラーでの納期は1年待ち状態です。

中古車のガリバーなら無料登録するだけで、スズキディーラーでの納期1年待ちをするよりも早くてお得にかっこいい新型ジムニーに出会えるかもしれません。

無料登録後に非公開車輌もチェックできます。

【あえてレビュー】新型ジムニー買って後悔したところ【欠点5選公開】

乗り出し200万円以内は可能!?

シャルガオ島で見つけたシエラ

新車の新型ジムニーを「総額200万円以内」で乗り出し可能なのか?

結論、「十分可能です。」

実際に、新型ジムニー購入にあたりいくら必要なのか?

新車購入が初めての方でも、車体金額以外に、何に掛かるお金が必要かさえ分かれば購入時とても安心で準備もしやすいでしょう。

新型ジムニーの車体価格の違い

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/suzuki公式ページ

まず、ベースとなるのは、車体価格です。

車体価格の違いは、

  1. 車種(JB64軽ジムニー、JB74シエラ)
  2. グレード(XG、XL、XC、JL、JC)
  3. トランスミッション(5MT、4AT)

大きくこの3点によって、金額が変わってきます。

金額の違いは以下の表の通りになります。

グレード名トランスミッション車両本体価格
軽ジムニー XG5MT¥1,485,000
4AT¥1,584,000
軽ジムニー XL5MT¥1,611,500
4AT¥1,710,500
軽ジムニー XC5MT¥1,776,500
4AT¥1,875,500
シエラ JL5MT\1,793,000
4AT¥1,892,000
シエラ JC5MT¥1,958,000
4AT¥2,057,000

車両本体価格にはこのようにグレードで分かれています。

ざっくり価格差によるイメージは以下の通り。

車両本体とグレードの価格差のポイント
  • JB64軽ジムニーの最安グレードは140万円台。
  • JB74シエラの最上位グレードは200万円を超える。
  • JB64軽ジムニーは軽自動車にしては高い。
  • JB74シエラが1500㏄普通車としてはトータルお得感を感じる。

JB64(軽ジムニー)とJB74(シエラ)の違いはオバーフェンダー?

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/suzuki公式ページ

JB64軽ジムニーとJB74シエラの大きな違いは3つです。

  1. 排気量
  2. フェンダー
  3. タイヤ、ホイールサイズ

排気量は、軽の660㏄か普通車1500ccか、の違いになります。

フェンダーは、JB64軽ジムニーは軽自動車規格のためナロータイプで、JB74シエラはオーバーフェンダータイプを採用しています。

また、フェンダータイプにも伴い、タイヤとホイールサイズも違いがでています。

大きな違いはこのあたりです、その他の車内インテリアなど大まかには、ほぼ変わりありません。

【要注意!グレードの違い】人気はXCだが!?

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/suzuki公式ページ

JB64軽ジムニーが3つのグレード(XG、XL、XC)、JB74シエラに2つのグレード(JL、JC)が展開されています。

JB64軽ジムニー、JB74シエラともに最上位グレードのXCとJCが人気、注文ともに多いそうです。

最上位グレードには、スズキセーフティサポート(デュアルブレーキサポートや誤発進抑制機能などの予防安全機能)、LEDヘッドランプ、クルーズコントロールシステムなどの装備がが搭載されていて人気となっています。

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/suzuki公式ページ

また、グレードによって選べるボディカラーバリエーションも異なります。

好みのカラーが希望するグレードでは展開されていない場合もあるので要注意です。

ボディカラーを決めている方は、多いと思いますのでグレード選択時に注意が必要です。

ミディアムグレーは、JB64軽ジムニーではXCとXLにしか設定がなく、XGにはカラー選択できません。

XLの黒スチールホイールが気に入っている

ちなみに、グレードはXLを選びました。

理由は、ミディアムグレーのカラー選択の理由もありXGは消去法でなくなり、スズキセーフティサポート、クルーズコントロールの必要性をあまり感じなかったこと。

また、XCのアルミホイールよりXL、XGの黒のスチールホイールの方がジムニーっぽくてカッコイイと思っていたからXLに決めました。

XCのLEDヘッドランプは雪国では要注意!?

ヘッドランプウォッシャーも凍るとか

XCのLEDヘッドランプはハロゲンランプと違い、熱をあまり持たないので吹雪くような環境下でヘッドライトの雪が解けず張り付いて付着してしまう現象が起こることもあるそうです。

夜道の吹雪はただでさえ視界がない状態なので雪が付着して暗くなるとかなり危険です。

ヘッドランプウォッシャーも搭載されているのですが、それも凍ってしまって水が噴き出さなくなるそうです。

LEDヘッドランプは雪国の方は注意と対策が必要そうです。

やっぱり雪国でのヘッドランプはハロゲン一択な気がするが、、、。

他にも、乗ってから分かったメリット・デメリットを【あえてレビュー】新型ジムニー買って後悔したところ【欠点5選公開】で紹介してます。

おすすめオプションは?ナビは必要か?

実はサイドアンダーガーニッシュ付けてます、分かりますか?

オプション、アクセサリーの紹介ですが、かなり必要性や好みに個人差が出て金額差もここで大きく変わっていくところでもあります。

最低限これは必要なのでは?

というものと、私が付けたオプションを簡単に紹介しながら掛かる金額の目安を参考にしていただければと思います。

最低限付けるべきおすすめオプション3点

  1. フロアマット
  2. ドアバイザー
  3. ETC車載器

実はフロアマット、ドアバイザーは標準装備には含まれません。

オプションでの申込みが必要になります。

価格もフロアマットが約1万~2万円、ドアバイザーが約1万円程度のものなので純正アクセサリーで付けて損はないと思います。

ETCもあって損はないと思うので、付けるべきと思います。

個人的にはサイドアンダーガーニッシュを付けたら車体が引き締まっておすすめです。

ナビは純正ナビを付けたのですが、別に要らなかったかなと思ったりもします、、、。

オプション例

フロアマット(トレー) 14,742円
ドアバイザー 10,692円
ETC2.0車載機 41,796円
ケンウッド8インチエントリーナビ 158,922円

合計 226,152円

ちなみに、ナビは新型ジムニー純正ナビよりも、android搭載カーナビがおすすめです。

純正ナビより安くて大きなモニターで、android搭載スマホ感覚で操作でき動画視聴もGoogleナビも使用可能。

海外では主流なりつつあるカーナビスタイルですが、日本でもテスラナビはこれからのスタンダードになりそうです。

詳細は、安心の国内唯一の正規販売店あとづけ屋からどうぞ。

アンドロイドナビ【あとづけ屋】

新型ジムニー専用アンドロイドナビもあります。

あとづけ屋公式ページより

諸費用はいくら?

車体価格やオプション以外に掛かる諸経費をまとめました。

購入店舗によって若干の違いはあると思いますので参考までに。

諸費用例
自動車取得税29,700円
自賠責保険料35,610円
自動車重量税9,900円
検査登録手続費用18,360円
車庫証明申請代行費用9,720円
納車費用9,180円
リサイクル預託金8,360円
検査登録費用2,580円

合計 123,410円

新型ジムニーJB64おおよその乗り出し価格を計算

ここまでに紹介した車体価格やオプションなどをまとめて、新型ジムニーJB64 5MT XLを購入する場合の予想乗り出し価格を紹介します。

新型ジムニー乗り出し価格例

車体本体価格 JB64 XL 5MT 1,611,500円
オプション合計費用 226,152円
諸費用合計 123,410円

合計 1,961,062円

あくまでも1例ですが、新型ジムニーJB64の乗り出し価格の1例で合計は約196万円となります。

これ以外に必要なのは、任意保険(月/約1万円~2万円)と駐車場代などが必要になると思います。

詳しくはスズキ公式ページや実際に新型ジムニー取扱店舗にて確認することをおすすめします。




新型ジムニーおすすめの買い方

新型ジムニーの人気は未だ続いており、納期待ちの期間はまだ長く1年待ちが平均だそうです。

中古車市場にも新型ジムニーが出回ってきていて、新車同様の新古車なども市場に出回っております。

非公開車輌情報も無料登録で

ただし、人気カラーやグレードの車体は即売れてしまうのが現状なので、WEB上にアップされていても売れてしまっている可能性も高いです。

中古車買取実績NO.1のガリバーなら下の写真のような新型ジムニー新鮮な在庫情報の中から希望の新型ジムニーを見つけることができるかもしれません。

中古車ガリバーに無料登録しておくことで希望の車種、グレードの非公開車輌の情報もみることができます。

一度登録して探してみてはいかがでしょうか。

新型ジムニー購入を検討している方へ
新型ジムニーは新車・新古車・中古車と以前よりかなり台数が出回りはじめています。ですが、未だスズキディーラーでの納期は1年待ち状態です。

中古車のガリバーなら無料登録するだけで、スズキディーラーでの納期1年待ちをするよりも早くてお得にかっこいい新型ジムニーに出会えるかもしれません。

無料登録後に非公開車輌もチェックできます。