新型ジムニーおすすめ防水ラゲッジマット3選【アウトドア派には必須です!】

新型ジムニー専用ラゲッジマットを紹介します。

そもそも、新型ジムニーにラゲッジマットって必要なの??

まず、このような疑問に関して述べさせていただきます。

結論、「後部座席を倒して荷物を載せる使い方」をメインに考えられている新型ジムニー乗りの方は、必須です!

ラゲッジマットを敷くと、

  • キズが付かない
  • 荷物が滑らない
  • 水や汚れを防止できる

このようなメリットがあります。

ラゲッジマットは特に、「アウトドア派の新型ジムニーユーザー」には、是非使ってほしいアイテムのひとつと言えます。

新型ジムニー購入を検討している方へ
新型ジムニーは新車・新古車・中古車と以前よりかなり台数が出回りはじめています。ですが、未だスズキディーラーでの納期は1年待ち状態です。

中古車のガリバーなら無料登録するだけで、スズキディーラーでの納期1年待ちをするよりも早くてお得にかっこいい新型ジムニーに出会えるかもしれません。

無料登録後に非公開車輌もチェックできます。

【街乗り派必見】新型ジムニーおすすめカスタムマニュアル|おしゃれなカスタム&パーツ徹底比較

【完全版】新型ジムニー車内アクセサリーランキング|確実にあった方が良いモノ厳選紹介

新型ジムニー専用ラゲッジマット3選

新型ジムニーを使ってのアウトドアアクティビティによって、ラゲッジマットの使いやすい形状や種類は異なりますので、ここではそれぞれ違ったタイプのおすすめ3つ紹介します。

1.スズキ ジムニー アウトドア ラゲッジマット

こちらのラゲッジマットは、ラバー素材で防水・防汚対応なので、最もさまざまなタイプの使い方に万能に対応するラゲッジマットだと思います。

無料で縁取りのカラーを好きなカラーにすることができて、個性を出しておしゃれにカスタムも可能。

私もこのラゲッジマットを購入して利用しています。

しっかりとした厚みと防水なので、気に入ってます。

車中泊の際にフラットにしたいので、縁に囲いのあるタイプより、縁のないこのマットタイプが使い勝手が良いです。

2.新型ジムニー 3Dラゲッジマット

新型ジムニー専用設計で、防水・防汚対応で水洗い可能、耐久性もかなり優れた「TPE素材」を使用したラゲッジマットです。

最大の特徴は、フラットではなく、3D形状でトランクスペースにフィットすることです。

縁に高さのある囲いのような形状により、車内に水がコボレない形状で、釣りなど水遊びのアクティビティに力を発揮するラゲッジマットです。

3D形状でトランクにフィットするので、両面テープいらずで置くだけでフィットするのもポイントが高いです。

3.Levolva ジムニー ラゲッジルームカバー

Levolva ジムニー ラゲッジルームカバーは、シートアレンジも可能なタイプのラゲッジマットです。

もちろん、防水性能もあります。

シートごとに分割されているため、リアシートを立ててもそのまま使えて、ラゲッジマットを外す手間がかからずにさまざまシートアレンジが可能です。

また、大きな荷物を積み込む際に安心なバンパーカバー付きです。

新型ジムニー専用ラゲッジマット まとめ

新型ジムニー専用ラゲッジマットも、各社からさまざま専用設計のラゲッジマットが発売されています。

もちろん、それぞれにメリット・デメリットがあります。

私は、「車中泊の際に邪魔にならないこと」「防水であること」「厚みがしっかりとしていること」。

このようなポイントで、記事内で紹介した【スズキ ジムニー アウトドア ラゲッジマット】を選びました。

みなさんにそれぞれに合った、使い勝手の良い新型ジムニー専用ラゲッジマットが見つかる参考になれば幸いです。

新型ジムニー購入を検討している方へ
新型ジムニーは新車・新古車・中古車と以前よりかなり台数が出回りはじめています。ですが、未だスズキディーラーでの納期は1年待ち状態です。

中古車のガリバーなら無料登録するだけで、スズキディーラーでの納期1年待ちをするよりも早くてお得にかっこいい新型ジムニーに出会えるかもしれません。

無料登録後に非公開車輌もチェックできます。

【街乗り派必見】新型ジムニーおすすめカスタムマニュアル|おしゃれなカスタム&パーツ徹底比較

【完全版】新型ジムニー車内アクセサリーランキング|確実にあった方が良いモノ厳選紹介